DIYで男部屋(管理人室&ワーキングルーム)作り①


よかばい

DIYこんなもん作った

今回は一年も前の過去ネタです・・・すんません。

 

GO!GO!不動産販促物制作担当と大家さん業の二足の草鞋のYOKABAI。

ビルの管理人もしていますので、会社に出社はせず今はやりの在宅ワークならぬ管理人室ワークでしこしこデザイン制作をやっております。

YOKABAIビルは3階建ての全12戸。

その中の一室が管理人室なんですが、空室期間が長い部屋を転々としているんで大変です。

入居希望者さんから・・・

「3階が空いてるならいいけど」「階段が嫌だから1階がいい」「2階なら考える」

なんて希望があると不動産会社さんから・・・

「大家さん、引っ越してください」

「え~!また!?」

でも、空室が埋まるなら背に腹は代えられません。

 

管理人室は1階→3階→2階→そして昨年の夏いまの1階へ引っ越し(汗

なんだかんだで最初の管理人室へ戻ることに。

さすがに部屋もくたびれていたんで、床・壁・天井をリフォーム。

さらに、自分が使いやすい『男部屋』に改良することにしました。

もちろん、またいつ引っ越しすることになるかわからないんで壁や床、天井には釘1本も打たず傷をつけない賃貸物件ならではのやり方で施工します。

↑この壁の部分をワーキングスペースにすることに。

↑ホームセンターで2×4材をカットしてもらい、WAX系の塗料で塗装。

(塗装担当はヨメです)

一晩塗装を乾かして、いよいよ組立。

友人が手伝いに来てくれて助かりました。

↑組立ているのは友人&ヨメ・・・YOKABAIはサボり担当です(笑

そして、一気に立ち上げていきます。

柱となる2×4材のトップに使用しているのはウォリストという金具で、ジャッキアップのような感じで天井と木材を固定でき、2×4材を3本連結した奥行きのある棚を作ることができます。

(1本だけなら少し安い、ディアウォールなんかでもいいかもです)

出来上がった棚に、机やパソコン・資料を詰め込んで完成!

「うんうん、いい感じに出来たばい!」

ついでに打合せ用のテーブルも必要なんで自作することに。

とにかくお金はかけたくない。

テーブルの天板は親せきのおばちゃん宅の倉庫で不要になっていた、古い棚板を2枚もらって来て製作。

(こちらもWAX系塗料で塗装しました)

お金を遣ったのは、イケアで3000円で購入した脚のみ。

天板と脚はあえて固定せず、部屋を撮影なんかで使用する時に広いスペースが必要なんで簡単にバラせるようにしています。

手作りですが、イメージ通りの部屋になってきました。

さあ、まだまだ進化しますよ~!

 

②へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ・お見積り依頼