モノづくりのまち北九州「量産・試作加工技術展2014」が終了しました。

 

10月のプレゼン終了後

11月から準備を始めて、丸4ヶ月という長い業務でしたが、

終わってホッとしています。

 

 

 

特に、ブース製作においては新しい試みがいくつもあった為、

実際にブースが出来上がるまで、不安もありました。

いつものように、ダンボールで作るブースなので、

構造的に問題ないのか?実現可能なのか?という問題もでてきます。

しかし、プレゼン段階において、あまりそのような事を考えていては、

面白くて目立つブース案は出てこないものです。

まずは、「こんなブース作りたい」という「自由な発想」で提案をし、

受注が決まったら、「さて、これをどうやって実現させる?」

を、皆で考えていきます。

そうすると、ほんとに何とかなるものなんですね。。

このような事を繰り返しながら、レベルがあがっていくのでしょうね。

2014-02-24 18.24.45


ブース完成後の写真です。
小間サイズ9M×5.4Mの中に9社が出展という事もあり、

1社当たりのスペースが狭かったので、

高さ制限の3.6Mをいっぱいに使って

1社1社を縦に大きく目立たせるという方法をとりました。

出展企業9社が目立つように。

そして、

「ものづくりのまち北九州」を関東にアピールしたいという

思いを込めて・・・

 

展示会の風景です。

2014-02-26 14.48.38

2014-02-26 14.55.462014-02-26 14.07.252014-02-26 17.31.40

黒をベースとしたデザインもよく目立っており、

出展企業各社様にも喜んで頂き、本当に良かったです。

関係者の皆様、ありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。