社名看板やお店のロゴ看板で高級感が欲しい時は、

ステンレス素材へのシルクスクリーン印刷をオススメします。

ステンレスにも表面加工の種類がいくつかあり、

サインで良く使われるのはヘアラインと鏡面です。

厚みも色々あり、サイズが大きいほど厚みも必要です。

小倉北区中井にあるハーブカフェ「SoraSora」さんの看板をご紹介します。

sora12

化粧ビスで浮かせて取り付けました。

カッティングシートで製作する方法もありますが、

文字が多かったり、小さかったりすると剥げてくる

可能性があるので、

このデザインの場合

シルク印刷が良いと判断しました。

シルク印刷は、素材に直接印刷するので仕上がりもキレイです。

製作風景

版を製作後、印刷台に取り付けます。

sora19

 

版を作る為のフィルム製作の写真がなく、

いきなり版を印刷台に取り付けたシーンになっていますが、

この版が出来るまでには、

データからフィルムの出力⇒版に焼付 という工程があります。

 

 

 

【印刷工程】

sora18

 

インクを調合する写真がありませんが(笑)

指定の色に合わせる為に、何種類ものインクを混ぜ合わせ、

指定色に近づけます。

今回の場合、長期使用ですので、印刷面の保護とツヤだしの意味もあって印刷の上からクリアインクで全面にコーティングをしました。

 

 

 

【焼付け工程】

sora21

 

ここが他の素材と違うところですが、

ステンレス素材にインクを定着させる為、印刷後に焼付釜に入れて乾燥させます。

 

 

 

【出来上がり】

sora22

 

 

 

 

 

 

 

 


【店舗設置写真】

sora23

 

 

 

 

 

 

sora25

 

 

 

 

 

 

 

 

sora24

 

 

 

 

 

 

完成です。

機会があれば、是非、お店に立ち寄ってみてください。